×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

割り切り~春~

サンフランシスコの心理学者ジュディス・ウォラ-スタインが、離婚した夫婦とその子供の研究にとりかかったのは、今から15年以上前のことでした。 それ以来、ウォラ-スタインは、60組の中流白人のカップルとその子ども131人について追跡調査を行い、さらに1980年代以降、2000組以上の家族カウンセリングを行っています。 これらの豊富な経験から、ウォラ-スタインは、強い怒りを持ち続け、以前のパ-トナ-を許せないカップルが多いと証言しています。 ウォラ-スタインの報告には「離婚に間違いがなかったと感情的に納得している夫、妻、子どもには、まだ会ったことがありません」と書かれています。

逆援助交際
エロ写メ
援助交際
恋人探し
メル友
援交
家出サイト
家出少女掲示板
割り切り セックスフレンド
家出
ロリコン
人妻
神待ち
逆援助交際
逆援
家出掲示板
逆援
shimop
逆援助
家出
家出掲示板
家出サイト
神待ち
ネット出会い
アダルトライブチャット

カウンセリングを行った人々は、心の中で「結婚生活に終止符を打つことにした決定に関して、間違いや失ったものがあった」と信じています。 お互いに別れた相手を、必ずといっていいほど非難しますが、その非難 は自分には向けられません。ウォラ-スタインの調査中、女性の半分と男性の三分の一が、離婚後10年たっても以前の相手への怒りを捨てていませんでした。 また、離婚をした親の子どもたちは、親をとどめておけなかったことで自分を責め、別れたことで両親を責めことが非常に多いようです。 カウンセラ-の立場として、離婚夫婦の子どもに対しては、親への怒りを克服し、最終的には親を許容できるようにすることが、大切な課題になるとのことです。 多くの離婚夫婦とその子どもたちにとって、いつまでも相手を許さずに怒りを抱えているのは、耐えがたいことであるにちがいありません。